倍率が低くても都立高校の入試が油断できない理由

都立高校の入試の倍率が低くても、油断してはいけない理由はいくつかあります。まず第一に都立高校の入試は競争率だけでなく、志願者数や定員数によっても受験難易度が変わることです。倍率だけで判断することはできません。特に人気の高いコースや学科は倍率が低くても受験難易度が非常に高いことがあります。

例えば筑波大学附属駒場高校のような公立高校は、偏差値が70を超えるような日本屈指の学校です。しかしこれが受験になると、受験者数に対して合格者数の割合は近くなります。これは非常に難易度が高いことから、そもそも受ける人が少ないことが理由です。また受験には滑り止めといって、本命以外の学校を受けることも多くの受験生が行っています。

この理由から偏差値では第二グループや第三グループの受験者数が多くなるという傾向もあるので注意してください。また都立高校の入試は試験だけでなく面接や作文など、複数の評価要素があるため単純な倍率だけで判断することはできません。たとえ学科試験の重要性が低くても、面接や作文で不利になってしまえば合格できないことがあります。さらに都立の入試はその年によって出題傾向が変わるため、過去のデータからすべてが推測することはできません。

したがって準備不足で臨んだ場合、難易度が低いからといって合格できるわけではありません。以上のように都立の入試は倍率だけで判断することはできず、油断せずに十分な準備をして臨むことが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です